土壌

地力(ちりょく)(Land Capability, Soil Capabilities, Soil Fertility)

投稿日:

(農業)(土壌)

植物を生産し得る土壌の能力のこと。土壌肥沃度(どじょうひよくど、Soil fertility)と似ている。

昭和59年の地力増進法によれば、「この法律で「地力」とは、土壌の性質に由来する農地の生産力をいう。」

土壌の(1)化学的性質、(2)物理的性質、(3)生物的性質に分けて把握する考え方がある。

農林水産省の地力保全基本調査(昭和34年~53年)では、土壌生産力阻害要因として、1表土の厚さ、2有効土層の深さ、3表土の礫(れき)含量、4耕転の難易、5湛水透水性、6酸化還元性、7土地の湿、8土地の乾、9自然肥沃度、10養分の農否、11障害性、12災害性、13傾斜、14浸食に分けて把握している。このうち5と6は水田のみの項目であり、7・8・13・14は水田でない普通畑、樹園地のみに該当する項目。

-土壌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

土(Earth, Soil)

(農業)(土壌) 風化を受けた岩石の破片や火山灰などの母材に、腐植とよばれる物質が混入して生成されるもの。

no image

沖縄の土壌(おきなわのどじょう)(Soil in Okinawa Prefecture)

(農業)(土壌) 沖縄県の土壌は、国頭(くにがみ)マージが最も多く、次いで島尻(しまじり)マージ、ジャーガル、沖積土壌(ちゅうせきどじょう)の順となっている。 土壌 酸性/アルカリ性 分布面積率 作物 …

no image

母材、土壌母材(どじょうぼざい)(Soil Parent Material)

(農業)(土壌) 土のもととなる岩石(が細かくなったもの)などの材料を、母材もしくは土壌母材という。これら母材に植物や動物が作用して土壌になっていく。 母材は岩石のほかに火山灰や植物遺体も含まれる。 …

no image

単粒構造(たんりゅうこうぞう)(Single Grained Structure)

(農業)(土壌) 土の粒子が固まっておらず空隙(くうげき)が少ない状態。通気性、排水性が悪く、植物根は伸長しにくく、酸素不足になりやすいため植物の生育に適さない。⇔団粒構造

no image

緑肥(りょくひ)(Green Manure, Green Manure Crop)

(農業)(肥料)(土壌) 植物を腐らせずに土壌に混ぜて肥料にするもの。 山野草(さんやそう)緑肥 野生の草花を用いるもので、現在はあまり使われていない。 栽培緑肥 マメ科 レンゲ、クローバー、ベッチ類 …