病害

ウイルス病(Viral Disease)

投稿日:

(農業)(病害)

植物に感染するウイルスのことを植物ウイルスといい、この植物ウイルスによってひきおこされる植物の病害を全般にウイルス病という。

つまり動物ウイルスなら人間その他動物にも感染するが、一般に「ウイルス病」という言葉は動物に対してではなく、植物ウイルスによる「植物の」病害に使われることが多い。これらの病害には例えばべと病・モザイク病・斑点病などがある。

(ウイルス病とアブラムシ)

ウイルス病はアブラムシによって伝染するものがあり、

キュウリモザイクウイルス(CMV)

カブモザイクウイルス(TuMV)

ジャガイモYウイルス(PVY)

が知られている。

(モザイク病)

作物がモザイク病に感染すると、葉や茎に濃淡があらわれ株全体にモザイク状に広がっていく。一度感染するとたとえ農薬を使っても治せない。また、感染した作物をそのままにしておくと、ウイルスが圃場全体に広がってしまう恐れがある。よって既に感染してしまった株がある場合は取り除き、周囲にいるアブラムシも駆除する必要がある。

なお、植物ウイルスは、アブラムシやコナジラミなどの昆虫による媒介に限らず、農具や人の手についたウイルスによっても伝染する。

-病害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

監視伝染病(かんしでんせんびょう)(Monitored Infectious Diseases)

(農業)(病害) 家畜に関して用いられる用語。 特に監視伝染病の2つ、1.家畜伝染病と、2.届出伝染病のうち、家畜伝染病のほうは一般に法定伝染病と言われ、これは以前ヒトの罹る(かかる)病気にも用いられ …

no image

ニューカッスル病(にゅーかっするびょう)(Newcastle Disease)

(農業)(病害) 主としてニワトリがかかるウイルス性の病気で、罹患すると死亡率は高く、予防法はあるが治療法は見つかっていない。 宿主 鶏(ニワトリ)、あひる、うずら、七面鳥(これらは家畜伝染病予防法、 …

no image

病原微生物(びょうげんびせいぶつ)(Pathogenic Microbe)

(農業)(病害) 植物においては細菌や菌類やウィルスが病原微生物の例としてあげられる。 菌類(菌類は細菌と異なる)の病徴としては根こぶ病やうどんこ病が、そしてウィルスの病徴には萎縮・モザイク・えそ等が …

no image

連作障害(れんさくしょうがい)(Injury By Continuous Cropping, Replant Failure)

(農業)(病害) 同じ場所で同じ作物を繰り返し栽培して、作物が病気になったり生育不良になったりすることをいう。 連作障害は野菜類で顕著であるが、水田でつくる水稲は連作しても連作障害が起きない。 連作障 …

no image

法定伝染病(ほうていでんせんびょう)(Legal Communicable Disease, Notifiable Infectious Disease, Official Disease, Reportable Communicable Disease)

(農業)(病害) 本来の正式な医療用語としては、現在は使われなくなった。 農業では、「ニワトリのニューカッスル病は『法定伝染病』に指定されているように危険な病気だ」のような文脈で通用的に使われる。 そ …