土壌

母材、土壌母材(どじょうぼざい)(Soil Parent Material)

投稿日:

(農業)(土壌)

土のもととなる岩石(が細かくなったもの)などの材料を、母材もしくは土壌母材という。これら母材に植物や動物が作用して土壌になっていく。

母材は岩石のほかに火山灰や植物遺体も含まれる。

 

母材と土壌の性質

母材 土壌の性質
花崗岩(石英・長石・雲母) 粒が粗く養分に乏しい。マサ土と呼ばれる。
蛇紋岩(マグネシウム・ニッケルが多く含まれる) 暗赤色で粘土質。暗赤色土(あんせきしょくど)と呼ばれる。
火山灰(アルミニウムが多く含まれる) リン酸が植物に吸収されやすい。

 

土壌のできかた(母材の体積のしかた)

残積 もともとその場に残っていた火成岩、変成岩、堆積岩などが風化等によって細かくなったもの。
運積 重力成 山などで母材が下方に移ってできるもの。
水成 川などで母材が運ばれてできるもの。
風成 風で母材が運ばれてできるもの。
集積 泥炭土のように植物遺体が母材となってできるもの。

-土壌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

土(Earth, Soil)

(農業)(土壌) 風化を受けた岩石の破片や火山灰などの母材に、腐植とよばれる物質が混入して生成されるもの。

no image

地力(ちりょく)(Land Capability, Soil Capabilities, Soil Fertility)

(農業)(土壌) 植物を生産し得る土壌の能力のこと。土壌肥沃度(どじょうひよくど、Soil fertility)と似ている。 昭和59年の地力増進法によれば、「この法律で「地力」とは、土壌の性質に由来 …

no image

腐植(ふしょく)(*Humus, Humic Soil)

(農業)(土壌) (* Humusの発音はヒューマスhjúːməs) 土壌中で、生物や植物の遺体が微生物によって分解されまた再合成を繰り返してできた暗色の高分子混合有機物。 もしも出題で、 Q:「腐植 …

no image

鹿沼土(かぬまつち)(Kanuma Pumice, Kanuma Soil)

(農業)(土壌) 群馬県赤城山の噴火によって地表に堆積した火山砂礫で、赤城火山をかなめにして東方に扇形に分布し茨城県にまで及ぶ。 土と呼ばれているが実際には軽石である。 成分は、長石、角閃石、カンラン …

no image

団粒構造(だんりゅうこうぞう)(Aggregated Structure)

(農業)(土壌) 土の粒子が集まり固まって団(だん)を成している状態。空隙(くうげき)が多いため通気性、排水性にすぐれ、植物の生育に適する。⇔単粒構造