科学

土壌の酸性を中和するには(How to Neutralize Soil Acidity)

投稿日:2019年1月1日 更新日:

(農業)(科学)

石灰を播くことが解決法である。

土の酸性を中和するとは、酸性でなければアルカリ性なので酸性をアルカリ性に近づけるということになる。この酸性、アルカリ性の度合いを表すのがpH*(ペーハー:水素イオン指数)であり、pH=0(酸性)〜pH=7(中性)〜pH=14(アルカリ性)なので、pH=7ぐらいの中性にすることが中和ということになる。

石灰には、苦土石灰(くどせっかい)、消石灰(しょうせっかい)、有機石灰(ゆうきせっかい)がある。

このように土壌の酸性をアルカリ性にするのに比べ、アルカリ性を酸性にするのは難しい。

*pH:小文字のpに大文字のHで記される。Potential of Hydrogen。水素イオン指数または水素イオン濃度指数。pHのゼロや14は下限や上限ではない。pHがマイナスの場合もあるし、pHが14を超すものもある。読み方のペーハーはドイツ語読みとされる。

 

もしも出題で、

Q:「pH(ピーエイチ)とは、土壌の養分保持力を表し、陽イオン交換容量とよばれる。」といったらこれは○か×か。

とあれば、その答えは、

A:×(pHの読み方はこういった意味ではペーハーが正しい。よって読み方で、すでに×。また「土壌の養分保持力を表し、陽イオン交換容量とよばれる」のはpHではなく、CEC(陽イオン交換容量)なので×である。もしもこの出題文が「CEC(シーイーシー)とは、土壌の養分保持力を表し、陽イオン交換容量とよばれる。」だったら○である。)

 

もしも出題で、

Q:「pH4の土壌は、アルカリ性土壌である。」といったらこれは○か×か。

とあれば、その答えは、

A:×(アルカリ性でなく酸性である。pH7が中性であり、それより数字が小さければ酸性である。)

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

植生(しょくせい)(Vegetation)

(農業)(科学) ある地域の自然の植物の集団全体。

no image

発根促進剤(はっこんそくしんざい)(Root Stimulator)

(農業)(科学) 発根促進を目的として使用する植物成長調整剤のこと。インドール酪酸やα-ナフチルアセトアミドがその有効成分である。粉剤と液剤がある。

no image

二酸化硫黄・亜硫酸ガス(Sulfur, Sulphur, Dioxide, SO2 / Sulfurous, Sulphurous, Acid Gas)

(農業)(科学) 二酸化硫黄は亜硫酸ガスともいい、腐敗した卵のような刺激臭のある無色の気体である。活火山でもこのにおいを嗅ぐことができる。化学式はSO2であり無機化合物。 自然界では火山活動で、人為的 …

no image

キュアリング(Curing)

(農業)(科学) 収穫した作物についた微細な傷が治癒する現象。 この現象を起こすために一定期間乾燥や高温条件に置くことを予措(よそ)という。 乾燥させる場合は微生物の繁殖を防ぐためだが、サツマイモの例 …

no image

エチレンガス(Ethylene Gas)

(農業)(科学) 熟成していく野菜や果物から発生するガス。成熟ホルモンと呼ばれる。果物の多くはこれによって果物に含まれる酵素の働きが促されて熟していく。そのため追熟(ついじゅく)用に足されることがある …