植物

着花習性(ちゃっかしゅうせい)(Flowering Habit)

投稿日:

(農業)(植物)

花の着きかたのこと。栽培のしかたや環境によって変わるものもある。

着花習性と花序という用語の違いは、着花習性は花が植物のどこに着くかをいうのに対し、花序は花の並び方をいうところにある。

例えば、「○○という植物は第1花が○節目に着く」というのが着花習性的な表現である。

着花習性の例

※ナス科植物

第1花房もしくは第1花は、8~9節目に着生するのが普通。

トマト 3葉ごとに着生する。
ナス 2葉ごとに着生する。
トウガラシやピーマン 1葉ごとに着生する。
※ウリ科植物

雌花、雄花の単性花に分かれていて(雌雄異花)、着花習性が複雑である。

キュウリ 雌花は普通1~2節に1花を着生し、雄花が数花着生する。温度や日長に強く影響される。
スイカ、カボチャ 主茎と第一次側枝の第6~8節に第1雌花が、以降4~6節おきに雌花が着生する。その他の節には雄花が着生する。
メロン 両性花と雄花を同一株上に着生するのが一般的で、普通は主茎に着生せず、主茎の第4~5節より上の節から発生する第一次側枝の第1節に両性花または雄花が着生する。
※マメ科植物

各葉の腋部に着生する。

エンドウマメ 主枝の第1花は、10~20節目に着生する。
インゲンマメ 主枝の第1花は、は5~10節目に着生する。
ソラマメ 主枝の第1花は、15~20節目に着生する。
※バラ科
イチゴ 花が房状に着生し、頂部に頂花房、そして各葉の腋部にある第一次側枝の頂部に腋花房が着生する。

品種によっては第一次側枝上の葉の腋部よりさらに側枝を生じ、その頂部にさらに腋花房が着生するものもある。

-植物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雄穂(ゆうずい)(Staminate Ear*, Staminate Tassel*)

(農業)(植物) トウモロコシの茎の先端につき花粉を発する器官、つまり雄花(おばな)の一種。イネの穂やススキの穂と同様に鑑賞的な花でないことから雄花でなく雄穂といわれるのだろう。 ひとつの株では雌穂( …

no image

受粉(じゅふん)(Pollination)

(農業)(植物) 花粉が雌性(しせい)器官に到達すること。 受粉するのは種子植物であり、種子植物には裸子(らし)植物と被子(ひし)植物があり、それぞれの受粉のしかたは以下のとおり。 種子植物 裸子(ら …

no image

根茎(こんけい)(Pip, Rhizome, Root, Rootstock)

(農業)(植物) 根(ね)と異なり、茎の地下部分であるところの地下茎の、4分類のひとつ。地中または地表を横に這う。外観は根と似ている。ササ、ワラビ、ハス、ショウブ、ミョウガ、タケ、ドクダミ、ヒルガオ、 …

no image

宿根(しゅくこん)(Rhizocarp, Rhizocarpous Grass Plant*, Jaundice Root*, Perennial*)

(農業)(植物)(園芸) 地上部が開花結実して枯れた後も、地下部分は生きていて翌年また地上部で開花結実する多年草の、地下部分の状態や性質。 園芸用語。 園芸的に宿根草という場合、球根類は含まれないこと …

no image

葉芽(はめ、ようが)(Leaf Bud)

(農業)(植物) 植物の茎や枝にでる芽のうち、葉や枝となるもの。葉芽でなければ花芽(はなめ、かが)であり、これは花や実になるもの。