植物

塊茎(かいけい)(Groundnut, Stem Tuber, Tuber, Tubera, Tuberosity)

投稿日:2019年5月19日 更新日:

(農業)(植物)

根(ね)と異なり、茎の地下部分であるところの地下茎の、4分類のひとつ。地下茎の先が肥大して養分貯蔵器官となっている。多年生草本で地上部が毎年枯れても、養分をたくわえた地下茎によって増殖できる。休眠期間(越冬器官)および栄養繁殖器官といえる。

作物と雑草に分けて説明する。

特徴
作物 外側の皮層部と内側の髄部組織からなり、柔組織細胞に澱粉(炭水化物)やイヌリンを蓄積している。 (澱粉を貯蔵)

(ナス科)ナス科のジャガイモ

(サトイモ科)サトイモ、タロイモ

(イヌリンを貯蔵)

(キク科)キクイモ

雑草 シズイの塊茎の大きさが1mm程度であるのに対し、クワイやオオクログワイのそれは5cmに達する。

塊茎の各節には多数の芽があるため、小片に分割してもそれぞれが完全な個体に成長する。

(カヤツリグサ科)ミズガヤツリ、ハマスゲ、クログワイ、シズイ、ヒメホタルイなどの多年生の植物。

(オキダカ科)オモダカ、ウリカワ、コウガイモ、スギナなどの多年生植物。

-植物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

球茎(きゅうけい)(Corm)

(農業)(植物) 根(ね)と異なり、茎の地下部分であるところの地下茎の、4分類のひとつ。 主軸の地上茎の基部が地下ででんぷんなどの養分を蓄え、球形、卵形、楕円(だえん)体に肥大し、葉の変形による皮に包 …

no image

栄養器官(えいようきかん)(Vegetative Organ)

(農業)(植物) 根・葉・茎のように成長のために必要な器官。

no image

発芽の三条件(はつがのさんじょうけん)(Three Conditions of Germination/Bud-break)

(農業)(植物) 水、空気(酸素)、温度。 ただし、光発芽性種子(こうはつがせいしゅし)は、上記三条件に加えさらに波長およそ 650nm(ナノメートル)~680nmの赤色光が要る。この赤色光は、人間の …

no image

頂芽(ちょうが)(Apical Bud, Terminal Bud)

(農業)(植物) 植物の一番上の芽、または茎の先端の芽を頂芽という。頂芽でない芽は腋芽(えきが、わきめ)という。 頂芽があるときに腋芽が伸びない現象を頂芽優勢(ちょうがゆうせい)という。 腋芽や果実の …

no image

ウイルスフリー苗(ういるすふりーなえ)(Virus-Free Plants)

(農業)(植物) ウイルスに感染していない苗。 ウイルスが植物に感染すると細胞間を移り全体に広がるが、植物の芽の先端はウイルスに感染しにくい。これは成長点での細胞分裂速度がウイルスの細胞間移行速度より …