病害

法定伝染病(ほうていでんせんびょう)(Legal Communicable Disease, Notifiable Infectious Disease, Official Disease, Reportable Communicable Disease)

投稿日:2019年6月9日 更新日:

(農業)(病害)

本来の正式な医療用語としては、現在は使われなくなった。

農業では、「ニワトリのニューカッスル病は『法定伝染病』に指定されているように危険な病気だ」のような文脈で通用的に使われる。

それは「家畜伝染病予防法という『められた伝染病』」という意味としてであり、医療用語だった法定伝染病としてではない。

 

(以下に農業用語的でなく医療用語的な法定伝染病(旧)を記す)

1999年に伝染病予防法が廃止され感染症法に統合されるまでは、伝染力が強く死亡率が高いため、患者(ヒト)が出た場合、保健所への届け出、隔離治療、消毒などが義務づけられていた次の伝染病のことであり、

1.赤痢(疫痢)、2.コレラ、3.腸チフス、4.パラチフス、5.ジフテリア、6.猩紅熱、7.天然痘、8.発疹チフス、9.ペスト、10.流行性髄膜炎、11.日本脳炎の11種。

急性灰白髄炎も同様の措置をとるよう指定されていた。

法定伝染病の患者を診断し、またはその死体を検案した医師は、市町村長あるいは管轄保健所長へ届け出をし、法定伝染病に罹患またはその疑いのある患者が出た家の世帯主なども受診と届け出をした。患者の隔離、所持品や住居などの消毒、家族ないし接触者の検査なども規定されていた。

-病害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ウイルス病(Viral Disease)

(農業)(病害) 植物に感染するウイルスのことを植物ウイルスといい、この植物ウイルスによってひきおこされる植物の病害を全般にウイルス病という。 つまり動物ウイルスなら人間その他動物にも感染するが、一般 …

no image

ニューカッスル病(にゅーかっするびょう)(Newcastle Disease)

(農業)(病害) 主としてニワトリがかかるウイルス性の病気で、罹患すると死亡率は高く、予防法はあるが治療法は見つかっていない。 宿主 鶏(ニワトリ)、あひる、うずら、七面鳥(これらは家畜伝染病予防法、 …

no image

線虫(せんちゅう)(Nematode)

(農業)(病害) 線形動物門の生物の総称。透明で、細長い糸状で0.5mm〜2.5mmのものが多い。地中にも淡水にも海水にも生息し、動物にも植物にも寄生する。まだ発見されていないものも含めると50万種以 …

no image

届出伝染病(とどけいででんせんびょう)(Anzeigepflichtige, Reported Communicable Disease)

(農業)(病害) 現在はヒトに対しては使われなくなった用語。家畜には使われる。家畜伝染病予防法および農林水産省令で定められている監視伝染病のうち、家畜伝染病(いわゆる家畜法定伝染病)以外の、都道府県知 …

no image

病原微生物(びょうげんびせいぶつ)(Pathogenic Microbe)

(農業)(病害) 植物においては細菌や菌類やウィルスが病原微生物の例としてあげられる。 菌類(菌類は細菌と異なる)の病徴としては根こぶ病やうどんこ病が、そしてウィルスの病徴には萎縮・モザイク・えそ等が …