土壌

鹿沼土(かぬまつち)(Kanuma Pumice, Kanuma Soil)

投稿日:

(農業)(土壌)

群馬県赤城山の噴火によって地表に堆積した火山砂礫で、赤城火山をかなめにして東方に扇形に分布し茨城県にまで及ぶ。

土と呼ばれているが実際には軽石である。

成分は、長石、角閃石、カンラン石など。

直径数mm程度だった丸みを帯びた軽石が風化、団粒化し、アロフェンやイモゴライトが生成している。

有機物を含まない。

薄黄色を呈し、水を含むと鮮やかな黄色に変わるため、土壌の乾燥が判断しやすく水やりの目安にできる。

表面の毛管孔隙に空気や吸収した水分などを含むので、普通の畑土の2~3倍の保水性を持ち、排水性も優れている。

一度給水すると数日間保水し、粒子間のすきまが大きいため通気性がよい。

通気性、保水性の高さ、強い酸性度から、サツキなどのツツジ科の植物や東洋ランなどの栽培に向いている。

サツキ、ツツジ類には鹿沼土単独で用いる。

排水性に優れるため盆栽にも向く。

雑菌をほとんど含まないため、挿し芽、挿し木などにも適している

他の用土と配合して山野草(さんやそう)のためにも使われる。

松柏や多くの雑木類など酸性に弱い植物には向かない。

鹿沼土以外の浮石の堆積(たいせき)層は、九州南部の桜島周辺に分布する「ぼら」、長野県南部の「味噌土(みそつち)」などがある。

(*Pumiceの発音はpʌ́mis(パミス)。ピューマイスではない)(英訳をKanuma Soilとした文献はあるがおそらくKanuma Pumiceのほうが適切)

 

もしも出題で、

Q:「鹿沼土は、アルカリ性の性質をもち、ツツジの栽培に適している。」といったらこれは○か×か。

とあれば、その答えは、

A:×(鹿沼土はアルカリ性ではなく酸性。出題文でアルカリ性のところを酸性に変えれば○になる。)

-土壌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

電気伝導度(でんきでんどうど)(EC:Electric Conductivity, Electrical Conductivity)

(農業)(土壌) 土壌の電気の伝わり易さ。数字が大きい方が、電気が伝わり易い。イオン化された土壌中の肥料が多いとこの数字が大きくなる。イオン化されていない肥料に関してはこの数字には表れない。土壌中のイ …

no image

単粒構造(たんりゅうこうぞう)(Single Grained Structure)

(農業)(土壌) 土の粒子が固まっておらず空隙(くうげき)が少ない状態。通気性、排水性が悪く、植物根は伸長しにくく、酸素不足になりやすいため植物の生育に適さない。⇔団粒構造

no image

耕耘*(こううん)(Tilling, Tillage*)

(農業)(農作業)(土壌) 耕地を耕起、砕土、攪拌、反転などのように掘り返し、また地表面の雑草などを土中に埋め込むこと。 耕地の表層部は、作物の生育中に人間に踏まれ機械の荷重を受け、降雨によって締め固 …

no image

腐植(ふしょく)(*Humus, Humic Soil)

(農業)(土壌) (* Humusの発音はヒューマスhjúːməs) 土壌中で、生物や植物の遺体が微生物によって分解されまた再合成を繰り返してできた暗色の高分子混合有機物。 もしも出題で、 Q:「腐植 …

no image

客土(きゃくど)(Soil Dressing)

(農業)(土壌)(土木) 外から土を持ち込むことが客土である。 土壌を改良することが目的であり、現在の土壌に不足するものを取り入れる。 対象 客土の例 砂質土壌 粘土含量の高い土壌 重粘土 砂質土壌や …