科学 農薬

トマトの着果促進(とまとのちゃっかそくしん)(Fruit-Setting of Tomato, Fruiting Acceleration of Tomato*)

投稿日:2019年11月24日 更新日:

(農業)(科学)(農薬)

トマトに限らず、ナス、メロン、モモ、ブドウなどにおいて着果性を高める薬剤を着果剤という。または着果ホルモン剤、植物ホルモン剤という。植物自ら作り出しているホルモンと同様の働きをホルモン様の物質である。

着果促進、着果安定、果実肥大の効果が期待できる。

一般名称 商品名 対象植物
オーキシン系 4-CPA トマトトーン トマト、ナス、メロン

(着果促進)

クロキシホナック トマトラン トマト、ナス

(着果促進)

エチクロゼート エルゴール メロン

(ネット形成、果実肥大)

ジベレリン系 ジベレリン イチゴ、ビワ、ブドウ

(着果数増加、着果安定、果実肥大)

サイトカイニン系 ホルクロルフェニュロン フルメット カボチャ、ビワ、ブドウ

(着果促進、果実肥大)

※これら植物成長調整剤は農薬に分類される。

※農薬(Agrichemicals)は、農業の効率化や農作物の保存に用いられる薬剤全般を指し、上記のような植物成長調整剤のほかに、殺菌剤、防黴剤(ぼうばいざい)、殺虫剤、除草剤、殺鼠剤(さっそざい)などがある。

*Fruiting Acceleration of Tomatoという英訳はここで造語(2019/10/20)。機械翻訳では日本語と一致するが、この英訳をインターネット検索するとヒットしないため、英文で用いると通じないかもしれない。生育の促進には他に句動詞で“put ahead”がある。

-科学, 農薬

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

微生物(びせいぶつ)(Microorganism)

(農業)(科学) 肉眼で見えず、顕微鏡で見えるような生物。 生物を大きさによって分類した名称。厳密に0.0○mm以下のような定義はない。例として細菌、藻類(そうるい)、そして肉眼で見えるがカビ、ときと …

no image

光周性(こうしゅうせい)(Photoperiodicity)

(農業)(科学) 昼の長さ(明期)の変化、もしくは夜の長さ(暗期)の変化に応じて生物が反応する性質。明期が長くなると花芽をつけるものを長日植物、明期が短くなると花芽をつけるものを短日植物という。 長日 …

no image

リコピン/リコペン(Lycopene*)

(農業)(科学) 植物や動物に含まれる色素成分にカロテノイドがあり、その一種で赤色の有機化合物にリコピン(リコペン)がある。リコピンの分子式はC40H50。食品の着色料として用いられる。 カロテノイド …

no image

光飽和点(ひかりほうわてん)(Light Saturation Point)

(農業)(科学) 光の強さがそれ以上大きくなっても光合成速度が速くならなくなる点(光の強さ)のこと。 植物の光合成では、光の強さが増すとある程度までは光合成が速くなるが、ある点を限度に速さはそれ以上に …

no image

日長(にっちょう)(Day Length)

(農業)(科学) ①「一日のうち明るい時間」 が簡単でわかりやすい定義である。 ②「日の出から日の入りまでの時間」 とした定義では天候や日食による日々の明るさの変化は関係ないことになり、①と②は異なる …