畜産

白色プリマスロック種(はくしょくぷりますろっくしゅ)(White Plymouth Rock)

投稿日:

(農業)(畜産)(養鶏)

ニワトリの一種。

原産国 アメリカ
体色 羽色:白色

とさか:単冠

耳朶(じだ):赤色

皮膚・脚色:黄色

*白色コーニッシュ種と外観で区別することは難しい。

体型
成体重 肉用タイプ:雄4.3〜5.0kg、雌3.6kg

卵用タイプ:雄2.5kg、雌1.9kg

羽性(ヒナの羽毛が生えそろうのが早い(速羽性)か、遅い(遅羽性)か)
卵の色、特徴 褐色
年間産卵数 肉用タイプ:180~200 or 220個

卵用タイプ:270~280個

卵重

・1888年にアメリカで公認された。

・横斑プリマスロック種の突然変異でできた、劣性白色遺伝子(c/c)をもつ鶏だった。

・もともとは卵肉兼用種だった。

・1940年代の後半からブロイラー用として注目され、1950年代後半になると脱羽にかかる労力を減らすため、白色コーニッシュ種(雄)と白色プリマスロック種(雌)の交雑種がつくられ、これがブロイラーの主流となった。

・その後優性白色遺伝子(I)をもつワイアンドット種が交配され優性白色となった。

・いまはブロイラー作出用の雌系として世界的に使われ、代表的な肉用種である。

・改良の過程で就巣性はほとんど除かれた。

・日本では劣性白色の系統が特産鶏の作出に使われる。

-畜産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

卵用種(らんようしゅ)(Egg Breed)

(農業)(畜産)(養鶏) 食用の卵を採るための品種のこと。白色レグホーンなど。卵用種でなければ肉用種か卵肉兼用種となる。

no image

ブロイラー(Broiler)

(農業)(畜産)(養鶏) 主として焼肉用の若鶏。 *英語Broilは(他動)(直火で肉を)焼くという意味であり、それ用に作られた品種。

no image

給餌法(きゅうじほう)(Feeding Regimen)

(農業)(畜産) 給餌法は、制限給餌と不断給餌に分けられる。 制限給餌法 家畜に与える飼料を計って給餌する。 家畜の要求量と飼料の養分から給餌量を計算して給餌する。 家畜の過剰摂取を避けるメリット、飼 …

no image

役畜(えきちく)(Draft Animal)

(農業)(畜産) 農耕や運搬などの労役をおこなう動物。動物介在療法に従事する動物も役畜といえる。役畜でなければ用畜(ようちく)となる。これら役畜と用畜をまとめて農用動物という。

no image

家畜の妊娠期間(かちくのにんしんきかん)(Pregnancy Period of Livestock)

(農業)(畜産) 牛(ウシ)は約285日、豚(ブタ)は約114日。