土壌

土性(どせい)(Soil Texture)

投稿日:

(農業)(土壌)

砂、シルト、粘土の組成重量割合による土の分類のこと。

土の粒子を、その大きさによって砂、シルト、粘土のようにグルーピングして、これらのグループが、ある土のなかにどのような重量比で存在するかで○○土のように名付けて分類する。

土の粒子の粒径は砂>シルト>粘土の順に小さくなる。

この砂、シルト、粘土の粒径の定義と○○土のような定義は、日本農学会法や国際土壌学会法などがある。

一般には下記のようであり、

シルト 粘土
2mm〜0.02mm 0.02mm〜0.002mm 0.002mm

この砂の定義を、さらに粗砂(2mm〜0.2mm)、細砂(0.2mm〜0.02mm)のように分ければ国際土壌学会法と同じである。

(○○土)

例えば、砂10%、シルト10%、粘土80%の場合は、土性三角図表に当てはめて、HC(重埴土)と判定する。

(土性に影響するもの)

一般に風化が進むほど土粒子の粒径が細かくなりすなわち粘土化する。河川では下流域ほど粒径が細かくなる。

(土性と農業)

耕し易さ、保水性、保肥性が土性と影響する。

-土壌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

耕起(こうき)(Plowing)

(農業)(農作業) 耕地の土を掘り起こすこと。 ここでは耕起は耕耘作業のひとつとみなしている。 耕耘(Tillage) 耕起(Plowing) 砕土(Harrowing) 反転(Inversion) …

no image

団粒構造(だんりゅうこうぞう)(Aggregated Structure)

(農業)(土壌) 土の粒子が集まり固まって団(だん)を成している状態。空隙(くうげき)が多いため通気性、排水性にすぐれ、植物の生育に適する。⇔単粒構造

no image

単粒構造(たんりゅうこうぞう)(Single Grained Structure)

(農業)(土壌) 土の粒子が固まっておらず空隙(くうげき)が少ない状態。通気性、排水性が悪く、植物根は伸長しにくく、酸素不足になりやすいため植物の生育に適さない。⇔団粒構造

no image

緑肥(りょくひ)(Green Manure, Green Manure Crop)

(農業)(肥料)(土壌) 植物を腐らせずに土壌に混ぜて肥料にするもの。 山野草(さんやそう)緑肥 野生の草花を用いるもので、現在はあまり使われていない。 栽培緑肥 マメ科 レンゲ、クローバー、ベッチ類 …

no image

電気伝導度(でんきでんどうど)(EC:Electric Conductivity, Electrical Conductivity)

(農業)(土壌) 土壌の電気の伝わり易さ。数字が大きい方が、電気が伝わり易い。イオン化された土壌中の肥料が多いとこの数字が大きくなる。イオン化されていない肥料に関してはこの数字には表れない。土壌中のイ …