園芸 植物

宿根(しゅくこん)(Rhizocarp, Rhizocarpous Grass Plant*, Jaundice Root*, Perennial*)

投稿日:

(農業)(植物)(園芸)

地上部が開花結実して枯れた後も、地下部分は生きていて翌年また地上部で開花結実する多年草の、地下部分の状態や性質。

園芸用語。

園芸的に宿根草という場合、球根類は含まれないことが多いが、含めるように記した文献もある。球根類は多年的になるのが当たり前なので、球根でないのに多年性である草本をとりわけ宿根草と呼ぶほうが合理的にも思える。

読み方をしゅっこんと記した文献もある。

宿根スイートピーなどのように、宿根○○と書かれた品種は、本来一年草だったものが品種改良などを経て宿根性を得た場合が多い。

* Rhizocarpous Grass Plant(宿根性の草本)はここでの造語(2020/8/23)。

* Jaundiceの発音はジョーンディスに近い。Rootを付けずにJaundice単体で用いると、黄疸とか、偏見・ひがみなどの意味になってしまう。

* Perennialの発音はペレニアルに近い。この日本語訳は多年草なので球根の植物も含まれるかもしれない。

-園芸, 植物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人工受粉(じんこうじゅふん)(Artificial Fertilization, Cross-Pollinate, Hand Pollination)

(農業)(農作業)(農法)(植物) 植物のめしべの柱頭に、人為的に花粉を付けて受精に進めること。 人工授粉とも書かれる。人工を人為と書くこともある。 植物の人工受粉は、動物でなら人工受精に相当する。 …

no image

塊茎(かいけい)(Groundnut, Stem Tuber, Tuber, Tubera, Tuberosity)

(農業)(植物) 根(ね)と異なり、茎の地下部分であるところの地下茎の、4分類のひとつ。地下茎の先が肥大して養分貯蔵器官となっている。多年生草本で地上部が毎年枯れても、養分をたくわえた地下茎によって増 …

no image

ロゼット(Rosette*)

(農業)(植物) 茎が短く、根から上にすぐ葉があって地表に接するようにこの葉が放射状に伸びる形態。タンポポやオオバコなど。このような葉をロゼット葉ということがある。また、茎が短く、根から上にすぐ葉があ …

no image

塊根(かいこん)(Groundnut, Root Tuber, Storage Root, Tuberous Root)

(農業)(植物) 根(ね)のうち、養分、水分が貯まって肥大化した部分。栄養繁殖器官にもなる。 貯蔵される養分はサツマイモのようにデンプンであることが多いが、ダリアはイヌリンである。 作物の例 サツマイ …

no image

在来作物(ざいらいさくもつ)(Heirloom Vegetable, Native Crop)

(農業)(植物) 地域独特の作物。 その地域で古くから栽培されてきた穀類、野菜、樹木などの農作物。遺伝資源でもある。 *英訳native cropはここで創作(2018/5/06)。