植物

種子植物(しゅししょくぶつ)(Spermatophyta, Spermatophyte, Seed Plant)

投稿日:2018年6月4日 更新日:

(農業)(植物)

有性生殖の結果として種子を形成し、この種子によって繁殖する植物。裸子植物門と被子植物門とがある。

種子植物 裸子(らし)植物門(Gymnospermae)
被子(ひし)植物門(Angiospermae)

裸子植物は、胚珠が雌花にむきだしでついているもの。

被子植物は、胚珠が子房に包まれていて、これが後に果実となるもの。

種子は有性生殖によって受精した胚珠が発達したものであり、成熟とともに休眠状態になり、これは単に種(たね)と呼ばれることが多い。また発芽の三条件が揃えば発芽する。

イネ、ムギ、ダイズ等ならこの種子が収穫物であり、農業的な次の生産のためのたねでもある。

種子は、生育期間中で1回だけ作られるものと複数回作られるものがある。

前者にはイネやコムギのように1年に1回種子を作る一年生草本(そうほん)と、タケやササのように開花するまで長い年月を経て、開花結実すると枯死する一稔(いちねん)多年生草本がある。

種子植物は植物界の中で最も分化が進んでいる。

種子植物でなければシダ植物門である。

真葉植物(Euphyllophyta) シダ植物門(Pteridophyta)
種子植物(Spermatophyta) 裸子(らし)植物門(Gymnospermae)
被子(ひし)植物門(Angiospermae)

-植物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

鱗茎(りんけい)(Bulb, Scaly Bulb)

(農業)(植物) 根(ね)と異なり、茎の地下部分であるところの地下茎の、4分類のひとつ。地下茎に多肉的な葉や鱗片葉(りんぺんよう)がつき、養分を蓄えているもの。 生育に不適な季節に地下に養分を保存して …

no image

栄養繁殖(えいようはんしょく)(Vegetative Propagation)

(農業)(植物) 根・茎・葉などの栄養器官から、胚・種子を経由せずに次の世代の植物が繁殖すること。 繁殖が、根・茎・葉などに依っておこなわれるものであり、種や胚に依ってはおこなわれないもの。つまり植物 …

no image

大豆(だいず)(Glycine Max)

(農業)(植物) マメ科の一年草。未成熟で収穫した種子は枝豆(えだまめ)である。大豆と枝豆は収穫時期が異なるだけで、植物としては同じ。ただし、大豆として収穫するのに適した品種、枝豆として収穫するのに適 …

no image

葉菜(ようさい)(Leaf Vegetable, Leafy Vegetables)

(農業)(植物) 野菜のうち、葉の部分を食べるものをいう。植物学的な分類ではない。葉以外に、茎や花を食べるものであってもここでは葉菜に含めるものとする。生活上便利なので野菜を4つ(分け方は諸説あり)に …

no image

頂芽(ちょうが)(Apical Bud, Terminal Bud)

(農業)(植物) 植物の一番上の芽、または茎の先端の芽を頂芽という。頂芽でない芽は腋芽(えきが、わきめ)という。 頂芽があるときに腋芽が伸びない現象を頂芽優勢(ちょうがゆうせい)という。 腋芽や果実の …