植物

受粉(じゅふん)(Pollination)

投稿日:2018年6月7日 更新日:

(農業)(植物)

花粉が雌性(しせい)器官に到達すること。

受粉するのは種子植物であり、種子植物には裸子(らし)植物と被子(ひし)植物があり、それぞれの受粉のしかたは以下のとおり。

種子植物 裸子(らし)植物門(Gymnospermae) 花粉が胚珠の珠孔に付く
被子(ひし)植物門(Angiospermae) 花粉が雌ずいの先端(柱頭)に付く

 

(受粉と受粉の違い)

受粉 授粉(じゅふん)
自然状態で起こった場合 人為的な手段によった場合
雌性器官側からの表現 花粉側からの表現

 

(他家受粉と自家受粉)

他家(たか)受粉

同種の植物の別の個体間の受粉。

カボチャ、キュウリなど。

自家(じか)受粉

同じ個体間の受粉。

イネ、ナスなど。

自花(じか)受粉 / 同花(どうか)受粉

同じ花のおしべとめしべの間で行われる受粉。この場合雌雄同花(しゆうどうか)である。

隣花(りんか)受粉

同じ個体中の別の花の間で行われる受粉。

 

(花粉の移動を媒介するもの)

自然では風、昆虫、鳥、水などが、おしべからめしべへの花粉の移動(送粉)を媒介しており、それぞれ風媒、虫媒、鳥媒、水媒と呼ばれる。

-植物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

徒長(とちょう)(Spindly Growth, Stretched Out Stem*, Leggy Stem*)

(農業)(植物) 徒(いたづら)に長く伸びた茎などのこと。無駄にというニュアンスがある。内容が充実せずに伸びが進んでいる状態。 徒長苗(とちょうなえ)とか徒長枝(とちょうし)という言葉でよく使われる。 …

no image

球茎(きゅうけい)(Corm)

(農業)(植物) 根(ね)と異なり、茎の地下部分であるところの地下茎の、4分類のひとつ。 主軸の地上茎の基部が地下ででんぷんなどの養分を蓄え、球形、卵形、楕円(だえん)体に肥大し、葉の変形による皮に包 …

no image

人工受粉(じんこうじゅふん)(Artificial Fertilization, Cross-Pollinate, Hand Pollination)

(農業)(農作業)(農法)(植物) 植物のめしべの柱頭に、人為的に花粉を付けて受精に進めること。 人工授粉とも書かれる。人工を人為と書くこともある。 植物の人工受粉は、動物でなら人工受精に相当する。 …

no image

絹糸(けんし)(Maize Silk)

(農業)(植物) トウモロコシの雌しべ(花柱(かちゅう)もしくは柱頭(ちゅうとう))が長く糸状になったものであり、トウモロコシの苞葉(ほうよう)から外に伸び、受粉する。 トウモロコシの下の実(になる部 …

no image

栄養繁殖(えいようはんしょく)(Vegetative Propagation)

(農業)(植物) 根・茎・葉などの栄養器官から、胚・種子を経由せずに次の世代の植物が繁殖すること。 繁殖が、根・茎・葉などに依っておこなわれるものであり、種や胚に依ってはおこなわれないもの。つまり植物 …