科学

組織培養(そしきばいよう)(Tissue Culturing)

投稿日:2019年5月5日 更新日:

(農業)(科学)

動物、植物の細胞や組織を無菌操作で培養すること。

培養とは動植物の一部を人工的に育てることをいうが、その中で組織培養とは多細胞生物の細胞や組織を人工的に育てることをいう。培養の対象に含まれて、組織培養の対象に含まれないものに、微生物(細菌、カビ、ウィルス(ただし細胞をもたない))がある。

多細胞生物でも、菌類や藻類など組織分化の程度の低い生物の培養は組織培養に含まれない(組織でないから)。

培養といわれるが組織培養とはいわれないもの 微生物(細菌、カビ、ウィルス(ただし細胞をもたないので厳密には生物でない))。

菌類や藻類など組織分化の程度の低い生物。

細胞培養のとき、培養器具類や培養液(培地)類など接触するものを滅菌し、操作を無菌的に行なう。

組織培養には、動物の組織片をそのまま培養する器官培養(Organ Culture)と、動植物の細胞単位を培養する細胞培養(Cell Culture)がある。

目的は研究材料確保・疫学的調査・多量繁殖などである。

*Tissue(tíʃuː)は名詞で、1.薄い織物、2.〔細胞の〕組織、3.ティッシュペーパー(包装に使う薄い紙を含む)、という意味がある。

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

地温(ちおん)(Soil Temperature, Ground Temperature, Earth Temperature)

(農業)(科学) 地表や地中の温度のこと。地中温度とも、土壌温度ともいう。また、地面より上、すなわち地上の大気の温度は気温である。 一日の地温の変化は、地表では大きく変化するが、深さが30cmから50 …

no image

リコピン/リコペン(Lycopene*)

(農業)(科学) 植物や動物に含まれる色素成分にカロテノイドがあり、その一種で赤色の有機化合物にリコピン(リコペン)がある。リコピンの分子式はC40H50。食品の着色料として用いられる。 カロテノイド …

no image

感温性(かんおんせい)(Sensitivity To Temperature, Temperature Susceptibility, Thermosensing Property, Thermosensitivity)

(農業)(科学) 温度を要因として植物が花芽分化や開花などの反応を示す性質。この反応は、ある温度以上になった場合の反応と、ある温度以下になった場合の反応がある。 品 種 感 温 性 多くの北日本のイネ …

no image

微生物(びせいぶつ)(Microorganism)

(農業)(科学) 肉眼で見えず、顕微鏡で見えるような生物。 生物を大きさによって分類した名称。厳密に0.0○mm以下のような定義はない。例として細菌、藻類(そうるい)、そして肉眼で見えるがカビ、ときと …

no image

三大栄養素(さんだいえいようそ)(Three Major Nutrients)

(農業)(科学) 蛋白質(たんぱくしつ) 脂肪(しぼう) 炭水化物(たんすいかぶつ) 英訳 Protein Fat Carbohydrate 消化された後 アミノ酸など 脂肪酸など グルコース(ブドウ …