植物

根菜(こんさい)(Edible Root, Root Vegetable)

投稿日:2019年7月7日 更新日:

(農業)(植物)

野菜のうち、土の中に成る部分を食べるものをいう。植物学的な分類ではない。生活上便利なので野菜を4つ(分け方は諸説あり)に分けたもののひとつであり、根菜でなければ、葉菜、果菜、豆類となる。

(✓)根菜 ( )葉菜 ( )果菜 ( )豆類

 

例えばダイコンがこの根菜に分類されるが、ダイコンの葉も食べられないことはない。それでも根菜に分類されているように、学術的ではないが、例えば生産者や流通者と消費者が互いに理解していれば、「当農場はまたは当店は、根菜は○○と○○を扱っており」のような意思疎通がし易くて便利である。

以下はこの根菜の例であり、塊根類と直根類に分けている。

塊根類

(Tuber Crops)

高温性で無性繁殖。多くは澱粉質。 ジャガイモ、サツマイモ、ヤマイモ、ダイショ、サトイモ、キクイモ、チョロギ、ユリ(ヤマユリ、オニユリ、コオニユリ)、レンコン、クワイ、クログワイ、ショウガ、ヤーコン。
直根類

(Root Crops)

低温性で種子繁殖。主に澱粉質。 ダイコン、ハツカダイコン、カブ、ネガラシ、ルタバガ、コールラビ、ワサビ、ワサビダイコン、ニンジン、パースニップ、セルリアック、ゴボウ、ゴボウアザミ、サルシファイ、キクゴボウ、テーブルビート。

-植物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自家不和合性(じかふわごうせい)(Self-Incompatibility)

(農業)(植物) 自家受精が妨げられる性質のこと。異なる個体との間では受精するが、ひとつの個体のなかで花粉が受粉されても正常な受精に至らない。 この自家不和合性は、被子植物種の約半分が該当するとされる …

no image

鱗茎(りんけい)(Bulb, Scaly Bulb)

(農業)(植物) 根(ね)と異なり、茎の地下部分であるところの地下茎の、4分類のひとつ。地下茎に多肉的な葉や鱗片葉(りんぺんよう)がつき、養分を蓄えているもの。 生育に不適な季節に地下に養分を保存して …

no image

絹糸(けんし)(Maize Silk)

(農業)(植物) トウモロコシの雌しべ(花柱(かちゅう)もしくは柱頭(ちゅうとう))が長く糸状になったものであり、トウモロコシの苞葉(ほうよう)から外に伸び、受粉する。 トウモロコシの下の実(になる部 …

no image

イネと型(Types of Rice, Group of Rice Varieties)

(農業)(植物) イネの型は大きく2つに分ける考え方があり、それは日本型(ジャポニカ)とインド型(インディカ)である。 日本型はさらに温帯日本型と熱帯日本型に分ける考え方があり、後者の熱帯日本型をジャ …

no image

ロゼット(Rosette*)

(農業)(植物) 茎が短く、根から上にすぐ葉があって地表に接するようにこの葉が放射状に伸びる形態。タンポポやオオバコなど。このような葉をロゼット葉ということがある。また、茎が短く、根から上にすぐ葉があ …