科学

陽イオン交換容量(よういおんこうかんようりょう)(CEC : *Cation Exchange Capacity)

投稿日:2019年10月6日 更新日:

(農業)(科学)

保肥性の指標。CECが大きい土壌は保肥性が高い。土壌が保持できる陽イオンの量。

(*Cationの発音はケイションではなくキャタイオン。一般にカチオンともいわれる。カチオン塗装という塗装用語にも使われている化学的な言葉。)

 

粘土や腐植などは、マイナスに荷電し、陽イオンを引きつける。

そのため、植物の養分となるカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、アンモニウム、水素などの陽イオンを引きつけ保持するから、粘土や腐植などは保肥力のある肥沃な土壌の要因となる。

CECが小さい

60meq以下

CECが中ぐらい

60meq~200meq

CECが大きい

200meq以上

カオリナイト(1:1型) 3~15

ハロイサイト(1:1型) 10~40

スメクタイト(2:1型) 80~150

モンモリロナイト(2:1型) 80~150

バーミキュライト(2:1型)

アロフェン 30~200

腐植 30~280(*ただし2価のマグネシウムイオンやカルシウムイオンを保持する性質が強く、

1価のアンモニウムイオンやカリウムイオンを保持する性質は弱い。)

※CECを基準としたとき、変異荷電に富む土壌では土壌の塩濃度やpHにより保肥性が変わる。

※CECの大きさの単位は、乾土100グラムに保持できる陽イオンの数で示され、meq/100g(ミリグラム当量・ミリエクイバレント)で表される。

※この単位meq/100gは、現在はSI基本単位とSI接頭辞により表すことになり、cmol(+)・kg−1に変わりつつある。

 

もしも出題で、

Q:「pH(ピーエイチ)とは、土壌の養分保持力を表し、陽イオン交換容量とよばれる。」といったらこれは○か×か。

とあれば、その答えは、

A:×(pHの読み方はこういった意味ではペーハーが正しい。よって読み方で、すでに×。また「土壌の養分保持力を表し、陽イオン交換容量とよばれる」のはpHではなく、CEC(陽イオン交換容量)なので×である。もしもこの出題文が「CEC(シーイーシー)とは、土壌の養分保持力を表し、陽イオン交換容量とよばれる。」だったら○である。)

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

組織培養(そしきばいよう)(Tissue Culturing)

(農業)(科学) 動物、植物の細胞や組織を無菌操作で培養すること。 培養とは動植物の一部を人工的に育てることをいうが、その中で組織培養とは多細胞生物の細胞や組織を人工的に育てることをいう。培養の対象に …

no image

感温性(かんおんせい)(Sensitivity To Temperature, Temperature Susceptibility, Thermosensing Property, Thermosensitivity)

(農業)(科学) 温度を要因として植物が花芽分化や開花などの反応を示す性質。この反応は、ある温度以上になった場合の反応と、ある温度以下になった場合の反応がある。 品 種 感 温 性 多くの北日本のイネ …

no image

カロテン(Carotene)

(農業)(科学) 植物や動物に含まれる色素成分にカロテノイドがあり、その中にビタミンA作用をするα(アルファ)カロテン、β(ベータ)カロテン、クリプトキサンチンがある。このうちビタミンA作用が最も強い …

no image

原生生物(げんせいせいぶつ)(Protist, Protozoa)

(農業)(科学) 真核生物のうち、①動物、②植物、③菌類(カビ(糸状菌)、酵母、キノコ)以外の生物の総称であり、それは④原生動物、⑤クロミスタ(藻類を含む)となる。 ④原生動物の例として、鞭毛虫類(ミ …

no image

根粒菌(こんりゅうきん)(Root Nodule Bacterium)

(農業)(科学) 植物の根で根粒をつくる細菌であり、大気中の窒素を植物側に供給し、植物側からは光合成による産物を得る共生関係を成す。 *窒素固定とは空気中の窒素から、種々の窒素化合物を合成することをさ …