畜産

ニワトリの飼育方式(Chicken Feeding Procedure)

投稿日:2020年5月1日 更新日:

(農業)(畜産)(養鶏)

平飼い(ひらがい)と立体飼い(りったいがい)に分類できる。

立体飼いは、さらにひな段、直立、バタリーに分けられる。

立体飼いの多くはケージで行われ、それらがケージ飼いと言われることから、ケージ飼いが立体飼いを指すように用いられることが増えている。

平飼い

(Floor Feeding Poultry Farming)

平面的に飼育する(Floor Rearing)。立体的なケージ飼育などに比べ、より自然に近い。ブロイラー(肉用若鶏)生産は平飼いが多いが、採卵鶏用でも平飼いは行われる。

平飼いと放し飼いは完全なイコールではないと思われる。野生動物など外敵から鶏を守るため柵を設けたり、野鳥から病気をもらわないよう金網を張ったりするため。

平飼いは鶏舎がないわけではない。雨を防ぐための屋根がかかった部分があり、また夜寝るための止まり木が用意されている場合もある。

立体飼い

(Multi-Layered Poultry Farming*)

立体で多層化するため、単位土地面積当たりの飼養羽数が多くなる。

よって生産効率が高くなりコスト低減化の可能性が生じる。

 

ケージ飼いの場合は個体識別できるため、管理(産卵数、健康状態など)し易い。

給餌、給水、集卵、排糞*などはすべて自動化するものが多い。

 

立体飼いが全てケージ飼いとは限らないが、ケージ飼いに関してはアニマルウェルフェア(Animal Welfare : 動物福祉)の観点から海外の一部では規制の方向にある。

排糞*(はいふん)はここでの造語。ベルトコンベア状のもので鶏の糞が回収、排出されることを用語化している。(2020/05/01)

Multi-Layered Poultry Farming*はここでの造語。立体飼いを多層飼いとして英訳している。(2020/05/01)

 

平飼いを多層化して立体化することもできそうに思われるが(例えばビルの各階の床にニワトリが居るようなイメージ。または鶏舎が複数層になっていて、各層ごとに平飼いしているイメージ)、そうしたサイトが見つけられなかったので投資に見合わないのかもしれない。

 

しかし平飼いをアピールされるサイトには、鶏が自由に動き回れる地上部分に隣接した鶏の居場所が、複数層(立体的)になっているものがある。よって現在既に平飼いと立体飼いは混合された形式があると考えていいのかもしれない。

 

なお、飼育方式の分類でなく鶏舎の分類としては、窓の有無により、開放鶏舎と無窓鶏舎(ウィンドウレス鶏舎)の二つに分けることができる。

 

もしも出題で、

Q:「ニワトリの飼育方式は、立体飼いと平飼いの二つに分けられる。」が正しければ○、誤っていれば×とせよ。

とあれば、その答えは、

A:○。

-畜産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

レッドリスト(Red List, The IUCN Red List of Threatened Species)

(農業)(畜産) 絶滅のおそれがある野生生物の種の一覧表のこと。 日本では環境省が作成していて、世界的には国際自然保護連合(ICUN)が作成している。

no image

デビーク、デビーキング(Debeak, Debeaking, Beak Trimming)

(農業)(畜産)(養鶏) にわとり(ひよこ)の嘴(くちばし)の先端を切除すること。たがいにつつきあって傷つけてしまうことによる経済的損失をさけるため。海外の文献では、七面鳥、ウズラやアヒルでも行われる …

no image

ジャージー種(Jersey)

(農業)(畜産) 乳牛の一品種。イギリス領ジャージー島原産。乳は脂肪が多くバターの製造に適している。

no image

地鶏(じどり)(Free-Range Chicken, Homebred Chicken, Locally Raised Chicken)

(農業)(畜産)(養鶏) 広義では、日本固有の在来種のニワトリのこと。なお日本には遅くとも弥生時代にはニワトリがいたと考えられる。 狭義では日本農林規格(JAS)の定義として「地鶏肉の日本農林規格」( …

no image

用畜(ようちく)(Livestock)

畜産物をとるための動物。畜産物とは乳・肉・卵・毛・皮革・毛皮・羽毛・子などをさす。用畜でなければ役畜(えきちく)であり、これら2つをまとめて農用動物という。 *Livestockの日本語訳が家畜であり …