植物 農作業 農法

人工受粉(じんこうじゅふん)(Artificial Fertilization, Cross-Pollinate, Hand Pollination)

投稿日:

(農業)(農作業)(農法)(植物)

植物のめしべの柱頭に、人為的に花粉を付けて受精に進めること。

人工授粉とも書かれる。人工を人為と書くこともある。

植物の人工受粉は、動物でなら人工受精に相当する。

 

(人工受粉のしくみ)

・自然の状態よりも、人工受粉によってめしべが受ける花粉を多くして、受精しやすくする。

・おしべの葯(やく)の中で成熟した花粉は、開葯して放出され、この成熟した花粉がめしべの柱頭に付くと発芽できる。発芽してめしべの花柱の中を伸長した花粉管が子房中の卵細胞に到達すると受精となる。

 

(人工受粉の目的)

・着果率を向上させる。

・品種改良のための育種を効率化させる。

・人工受粉する花を選択して結実量を調整し摘果労力を削減させる。

・温室やビニールハウスによって訪花昆虫が妨げられることを解消させる。

・訪花昆虫の減少による自然受粉の起こりにくさを解消させる。

 

(人工受粉を行う植物)

自家不和合性の果樹 リンゴ、ナシ、ウメの多くの品種、スモモ、アンズの一部の品種、オウトウ、ハッサク、ヒュウガナツ
雌雄異熟 クルミ
雌雄異株 キウイフルーツ
雌雄異花 柿、メロン
花粉を持たない品種 桃の一部の品種

 

(人工受粉の方法)

・ピンセットで葯(やく)をつまんで、

・梵天や綿棒に花粉を付けて、

・増量剤に混ぜた花粉を散粉器で吹き付けて、

結実させたい花の柱頭に花粉を付ける。

 

訪花昆虫

雌雄異花

剪定

 

もしも出題で、

Q:「メロンなどの栽培において訪花する昆虫が少ないとき、( ① )が必要となる。この(   )にあてはまる言葉を答えよ。」

とあれば、その答えは、

A:①人工受粉、となる。

-植物, 農作業, 農法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自家不和合性(じかふわごうせい)(Self-Incompatibility)

(農業)(植物) 自家受精が妨げられる性質のこと。異なる個体との間では受精するが、ひとつの個体のなかで花粉が受粉されても正常な受精に至らない。 被子植物種の約半分が、この自家不和合性に該当するとされる …

no image

徒長(とちょう)(Spindly Growth, Stretched Out Stem*, Leggy Stem*)

(農業)(植物) 徒(いたづら)に長く伸びた茎などのこと。無駄にというニュアンスがある。内容が充実せずに伸びが進んでいる状態。 徒長苗(とちょうなえ)とか徒長枝(とちょうし)という言葉でよく使われる。 …

no image

連作と輪作(れんさくとりんさく)(Continuous Cropping, Repeated Cultivation, Sequential Cropping / Convertible Husbandry, Crop Rotation, Rotation Cropping, Rotation of crops, Rotational Cropping)

(農業)(農法) 連作(れんさく)は、同じ圃場に同じ作物を続けて栽培すること。 輪作(りんさく)は、同じ圃場に違う作物を周期的に(本来は一定の順序で)栽培すること。   連作でなければ輪作で …

no image

常緑樹(じょうりょくじゅ)(Evergreen, Evergreen Tree)

(農業)(植物) 葉を一年中つけている樹木。葉の交代が連続的に行われ、落葉期をもたない樹木。ここでの落葉期は無葉期(葉が無い期間)という意味である。 落葉樹の対義語。ただし落葉しないのではなく、1年か …

no image

栄養器官(えいようきかん)(Vegetative Organ)

(農業)(植物) 根・葉・茎のように成長のために必要な器官。