植物

果菜(かさい)(Flit Vegetable, Fruit Vegetable)

投稿日:2019年7月14日 更新日:

(農業)(植物)

野菜のうち、果実の部分を食べるものであり、果物(くだもの)でなく、豆類でないものをいう。植物学的な分類ではない。生活上便利なので野菜を4つ(分け方は諸説あり)に分けたもののひとつであり、果菜でなければ、根菜、葉菜、豆類、となる。

( )根菜 ( )葉菜 (✓)果菜 ( )豆類

 

以下はこの果菜の例であり、ナス科、ウリ科、アオイ科に分けている。この3分類は学術的な分類。ただしウリ科のスイカやメロンは生活用語の野菜ではないとしてここから省いている。

ナス科 ナス、トマト、ピーマン、パプリカ、トウガラシ、シシトウガラシ(シシトウ)、
ウリ科 キュウリ、カボチャ、ズッキーニ、ヒョウタン、ヘチマ、ユウガオ、トウガン、テッポウウリ、ツルレイシ(ニガウリ、ゴーヤ)、ツノニガウリ(キワノ)、シロウリ
アオイ科 オクラ

 

*果物(くだもの)と野菜の分別は、植物学的なもしくは生物学的な定義ではない。例えばスイカ、メロン、イチゴは一般にくだものと認識されるが、農林水産省的には野菜になってしまう。またなんとなく甘いものがくだものと思ってしまいがちだが、栗や梅は甘くはないがくだものになってしまう。

野菜 果物(くだもの)
簡単な定義 草として生える 木に成る
草本(そうほん)か木本(もくほん)か 草本 木本
一年生か多年生か 一年生 多年生
農林水産省的定義* 1.田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)

2.副食物であること

3.加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)

4.草本性であること

2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」とする。(これは果樹の定義であって果実の定義ではない)

*出典(上記の農林水産省的定義の部分のみ):農林水産省Webサイト(http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai/yasai_teigi/) (http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/fruits/teigi.html)(2019/7/14に参照)

 

上記より次のような出題ができる。

Q:農林水産省的定義により、次のうちから果物(くだもの)を選べ。複数回答可。

1.スイカ、2.メロン、3.イチゴ、4. 栗、5.梅

A:4. 栗、5.梅

-植物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

宿根(しゅくこん)スイートピー(Rhizocarpous Sweet Pea*, Perennial Sweet Pea*)

(農業)(植物)(園芸) 品種改良などによって宿根性(多年性)があるスイートピーのこと。 つまり本来は(旧来一般的には)1年草のスイートピーが、特に宿根性(多年性)のあるスイートピーとして売られる場合 …

no image

活着(かっちゃく)(Root Taking, Taking Root, Graft-Take, Growing Roots)

(農業)(植物) 植物が、移植後に根付いて生長を続けること。移植後に移植したところで新しい根が伸びて根付くこと。 普通、移植時に根は傷つくが、移植後の新しい根が根付けば植物の生育は回復する。この状態が …

no image

地下茎(ちかけい)(Rhizome, Root*, Subterranean Shoot, Subterranean Stem, underground Stem)

(農業)(植物) 根(ね)と異なる。茎のうち、地下にある部分を地下茎という。栄養繁殖するための繁殖体である。地下で葉緑体のない茎が肥大し増殖の役割をはたすようになっている。 (根と地下茎の違い) 部位 …

no image

受粉(じゅふん)(Pollination)

(農業)(植物) 花粉が雌性(しせい)器官に到達すること。 受粉するのは種子植物であり、種子植物には裸子(らし)植物と被子(ひし)植物があり、それぞれの受粉のしかたは以下のとおり。 種子植物 裸子(ら …

no image

菊の摘心(芯)(きくのてきしん)(*Chrysanthemum Pinch Out, Pinch, Pinching)

(農業)(植物)(農法)(農作業) 定植後2~3週間の間に、頂芽(ちょうが)を摘み取ること。これによって腋芽(わきめ)もしくは側芽(そくが)の発育が促され、側枝(そくし)の発生につながり、花の数を増や …